モダン Dev+Ops モデルの導入




モダン Dev+Ops を導入すると、開発 (Dev) と運用 (Ops) の役割間のギャップを埋め て、顧客の進化するニーズにより速く、よ り一貫して対応できます。

DevOps は世界を変えました。箱入りのディスクと して店頭で販売されていたソフトウェアは、 Amazon とインターネットの登場により AWS で構 築されたサービスとしてデジタルで配信されるよ うになりました。その中で、数か月~数年だったソ フトウェアの更新サイクルを数日へと短縮し、Dev と Ops の関係を緊密にしたのは DevOps でした。
すべての企業は、形態と規模を問わず、ウォーターフォール型の製品管 理サイクルを放棄し、アジャイル方式と DevOps を導入することで、イノ ベーションの加速、セキュリティ、パフォーマンス、レジリエンスの向

上、デベロッパーと顧客の満足度の向上を確実に実現しています。ただし、 DevOps のすべての利点を実現しても、まだ完全ではありません。DevOps は、クラウド内でのアプリケーションの開発およびホスティングが標準の 手法となる前に誕生し、既に長く知られていますが、その解釈は依然と して組織ごとに大きく異なります。例えば、DevOps を依然として専門 チームと見なす組織が多い一方で、デベロッパーがすべての運用業務を担 当することと解釈されることもあります。テクノロジーの進化に伴って、 DevOps の定義も進化しています。AWS で は 、 この手法をモダン Dev+Ops と呼び、コンプライアンス、可観測性、レジリエンス、インフラストラ クチャなどの運用業務を開発プロセスの早い段階で共有することで開 発チームと運用チームの関係を緊密化し、さらに AI と機械学習で強化するこ とを、この手法の主眼としています。










日本語ガイドをダウンロード





AWS プライバシー 規約の規定に従ってお客様の情報を取り扱います。



3501, Jack Northrop Ave, Hawthorne, CA 90250.
Copyright © 2024 AiThority

AiThority Privacy Policy